うさぎの病気

うさぎの毛球症(うっ滞)とは?原因と予防法を解説

うさぎは、飲み込んだものを吐き出せない動物です。
うさぎの毛球症(うっ滞)は、どんな病気なのでしょうか。

この記事では、毛球症(うっ滞)の原因や症状、予防法などを解説しています。

うさぎの病気に多い毛球症(うっ滞)とは?

毛球症とは、うさぎが飲み込んた毛が胃腸で毛玉になり、胃腸内で溜まってしまう症状のことを言います。
うさぎは、飲み込んだものを吐き出せない動物なので、猫のように胃で溜まった毛を吐き出すことは出来ません。

そのため、胃腸内で溜まった毛玉が多くなると、排泄が困難になり、最悪の場合死を招くことがある、怖い病気です。

毛球症(うっ滞)の原因

毛球症は、うさぎの食生活や生活習慣などによって、どんなうさぎでもかかる可能性があります。
特に、毛球症の原因と言われているのが、うさぎの胃腸の働きが何らかの原因によって低下するうっ滞です。
毛球症(うっ滞)になる原因としては、以下があげられます。

  • 長毛種
  • 毛づくろいを頻繁に行っている(特に換毛期)
  • 胃腸の働きが弱まっている
  • 水分を取っていない
  • 牧草(チモシー)などの食物繊維豊富な主食をあまり食べない
  • 絨毯や毛布をかじって飲み込んでしまっている

飼育環境で予防できることも多いため、毛球症(うっ滞)にならないような環境づくりを目指しましょう。

毛球症(うっ滞)の症状

健康なうさぎは、一日中胃腸が動いています。
毛球症(うっ滞)になると、どのような症状が現れるのでしょうか。

同じ場所でずっとうずくまっている

うさぎは、捕食動物のため、周りに体調の変化を感じさせないようにしています。
同じ場所で長時間動かない場合は、お腹が痛いことを疑ってみると良いかもしれません。

特に、いつもは足を投げ出して寝そべっているうさぎが、長時間丸まって座っているなら、うっ滞の可能性もあります。

お腹を擦ると、張っている

同じ場所でずっとうずくまっているような場合、お腹を擦ってみると、必要以上に張って硬くなっていることがあります。
これは、毛球症(うっ滞)になり、胃腸にガスが溜まっている可能性が高いため、すぐに動物病院に連れていくことをオススメします。

いつもより食べない

うっ滞になると、胃腸の働きが弱まるため、いつもよりも食べなかったり、好きなものだけを食べるような行動をすることがあります。
うっ滞の前兆か、うっ滞になっている可能性があるため、早めに動物病院につれていきましょう。

糞が小さい、出ない

毛球症になると、排泄する糞が小さくなったり、最悪の場合、全く排泄できなくなります。
1日でも糞が出ていないと、最悪の場合死んでしまうかもしれません。
日常的に、糞の大きさや量、色などを確認し、不審なことがあれば、動物病院で診てもらいましょう。

毛球症(うっ滞)の予防方法

飼い主ができる毛球症(うっ滞)の予防方法は大きく2つあります。

牧草中心の生活にしよう

なんといっても、牧草中心の生活にするのが、うさぎにとって一番健康的な食習慣です。
柔らかいものやペレット、おやつが大好きなうさぎは、その時間を待って、牧草を食べなくなってしまうことがあります。

そのため、お腹を空かせる時間を作り、その時間は牧草しかない状態を作る、ペレットやおやつの量を減らすなどの工夫をして、牧草を食べてもらうようにしましょう。

本来であれば、栄養価も高く、しっかりとした茎のある一番刈りチモシーを食べてもらうのが一番ですが、うさぎによっては、好まない場合もあります。
そういった場合には、産地を変えて与えてみたり、様々な牧草を与えてみて、食べる牧草を探していきましょう。

牧草は、お試しセットで手に入れることも可能です。

created by Rinker
¥1,100
(2022/09/29 18:07:23時点 楽天市場調べ-詳細)

水分を摂取出来る環境を作ろう

うさぎは、昔、水分がなくても生きていける動物だと思われていました。
生野菜などを与えていたときに、生野菜から水分をとっているため、水はいらないと思われていたのかもしれません。

しかし、現代では、しっかりと水分を摂取することが健康に役に立つとわかってきています。
うさぎが飲みたい分だけ水分を取れるように、毎日新鮮なお水を用意しましょう。

長毛種や換毛期のうさぎは、毎日ブラッシングを心がけよう

長毛種や換毛期のうさぎは、自分で毛づくろいをした時に、たくさんの毛を誤って飲み込んでしまい、毛球症になってしまうことがあります。
そのため、できるだけ飼い主が毛づくろいの手助けをすることで、長毛種や換毛期中のうさぎも快適に過ごせるようになります。

もし毛球症(うっ滞)になってしまったら…

うさぎの毛球症(うっ滞)は、早期に対応しないと死んでしまう症状

うさぎの毛球症(うっ滞)は、早めに対処しないと、死につながる症状です。心配になります。
もしも、大切なうさぎが毛球症(うっ滞)の疑いがあると思ったら、迷わず動物病院を受診して、適切な処置と治療を受けましょう。

ABOUT ME
うさぎMAGAZINE編集部
うさぎWEBMAGAZINE編集部です。 編集部は、愛玩動物飼養管理士2級を取得しています。 人と動物がずっと豊かに暮らすことをめざして活動しています。
zootone – うさぎ専門店サーチができました!

うさぎ専門店を探すなら、zootone – うさぎ専門店サーチで探してみてはいかがでしょうか?

初めてうさぎを飼う人にとっては、専門家がいることがとても心強いと感じるのではないでしょうか。
飼ってからも専門家にお世話になることはたくさんあります。
そんな時に使ってもらいたい検索サービスです。

うさぎ専門店サーチへ