うさぎの食べ物

うさぎに「水を与えない」は迷信。正しい水の与え方

うさぎには、水が必須です。昔は水を与えなくても良いと言われていましたが、現在の飼育環境から言えば、うさぎにとって水は欠かせないものの一つです。

この記事では、なぜうさぎに水が必要なのか、1日にどのくらい飲むのか、どんなお水を与えると良いのか、普段より多い時と少ない時の注意点、さらには、給水ボトルなどのおすすめも掲載しています。よかったら参考にしてください。

うさぎに「飲み水を与えなくて良い」は迷信

昔は、うさぎに飲み水を与えなくて良いという話がありました。
しかし、それは間違いです。

なぜそんな間違いが広まってしまったのか。
それは、昔の飼育環境にあると考えられています。
昔のうさぎの飼育と言えば、外で生野菜を与えられ生活していました。
生野菜には豊富な水分が含まれていて、当時飼われていたうさぎは、生野菜から水分を摂っていたために、飲み水はいらない、とされていたようです。

しかしながら、現在は飼育環境も改善され、うさぎの主食であるチモシーとペレットを与えることによって、寿命がどんどん伸びるようになってきました。
そして、チモシーとペレットには全く水分が含まれていません。
そのため、うさぎには飲み水をしっかり与える必要が出てきました。

また、うさぎは身体を濡らすと、皮膚炎が出てきたり、身体が冷えすぎてしまい弱ってしまうことも。
そのため、不用意に飲み水を置かない、という点から「飲み水は与えなくても良い」という話が広まってしまったのかもしれません。

うさぎには、しっかりと水分補給を行って育てましょう。

うさぎは1日にどのくらい水を飲むの?

うさぎは、1日に、体重の10%程度の水を飲むと言われています。
1キロであれば100ml程度、2キロあれば200ml程度です。
それ以上飲んでいたとしても、1日に200ml〜300ml程度であれば、問題ないとされています。

また、給水ボトルで与えている場合、その多くは、上手く飲めず滴り落ちている場合もあるため、それ以上に飲んでいるように見えることもあるようです。

どんな水を与えれば良い?

うさぎには、水道水で問題ありません。
水道水には塩素が含まれていますが、そこまで心配する必要はありません。
気になるようであれば、浄水器やフィルターなどを取り付けて、除去してあげるとより良いでしょう。

ミネラルウォーターは、ミネラル分、特にカルシウムが含まれているものが多いので、あまりおすすめはできません。
カルシウムが多い水を飲ませてしまうと、尿結石などになる恐れがあります。

普段よりも多く水を飲んでいるように見える時の注意点

うさぎが、普段よりも多く水を飲んでいる場合、一番は室温がいつもよりも高く、暑さを凌ぐために多く飲んでいることがあります。
まずはうさぎの適温である18度〜25度に室温を下げて、様子を見てみましょう。
また、普段の生活と異なった結果、ストレスとして水を多く飲むこともあります。
いずれも一時的で治ることがほとんどですが、長期的に多く水を飲んている場合、糖尿病や腎臓の病気にかかっていることがあります。

その時のうさぎの様子を見極め、普段の生活とほとんど異ならないのに、水を多く飲むようになったのであれば、動物病院に相談しにいくのが良いでしょう。

TIP:台風などの大きな物音がストレスになることも

普段と変わらない生活をしているはずなのに…どうして?と思う中に、台風などの天災によってストレスになってしまったという例があります。
大きな台風や大雨、雷などの物音でもうさぎのストレスになることがあるので、ここ数日間で何が起こったかをよく確認してみましょう。

普段よりも水を飲んでないように見える時の注意点

うさぎが普段よりも水を飲んでいない状態が長く続くと、尿結石やうっ滞になる可能性が出てきます。
飲み水を新鮮なものに変えて、他に体調不良になっているところがないか、確認してください。
また、生野菜や果物を食べた後は水を飲まないこともあります。

数日に渡って水を飲まなくなってしまった場合は、早めに動物病院に連れていきましょう。

うさぎが飲みやすい給水器のおすすめ

うさぎにお水を与えるときには、2種類の方法があります。
1つは給水ボトルタイプ、もう1つはボウルタイプです。

どちらにもメリット・デメリットがあるので、飼育環境に合わせて良い方を選択してくださいね。

大容量の給水ボトルタイプ

メリット

  • うさぎが誤って水に濡れることがない
  • 大容量なので、1日お出かけしている時も安心

デメリット

  • 洗いにくいため、中が不清潔になることも
  • 舐めながら飲むので滴り落ちやすく、うまく飲めていない場合も
created by Rinker
SANKO
¥1,024
(2022/09/29 02:06:09時点 Amazon調べ-詳細)

フィルター付きのボウルタイプ

メリット

  • うさぎが飲みやすい形状
  • フィルター付きなので、カルシウムやマグネシウムをカットしてくれる効果も
  • ペットボトルなので、取替をすることでいつでも清潔に保てる

デメリット

  • ボウルにうさぎの毛などが入って不清潔になることも
  • うさぎが水で濡れてしまうことも

うさぎに新鮮できれいな水を与えよう

うさぎには、主食であるチモシーとペレット、そしてお水が必須です。
お水は毎日新鮮できれいなものに交換し、普段から飲み水の量に気を配ることで、健康管理に役立てることができます。

より良いうさぎ飼いライフを。

ABOUT ME
うさぎMAGAZINE編集部
うさぎWEBMAGAZINE編集部です。 編集部は、愛玩動物飼養管理士2級を取得しています。 人と動物がずっと豊かに暮らすことをめざして活動しています。
zootone – うさぎ専門店サーチができました!

うさぎ専門店を探すなら、zootone – うさぎ専門店サーチで探してみてはいかがでしょうか?

初めてうさぎを飼う人にとっては、専門家がいることがとても心強いと感じるのではないでしょうか。
飼ってからも専門家にお世話になることはたくさんあります。
そんな時に使ってもらいたい検索サービスです。

うさぎ専門店サーチへ