うさぎの飼い方

【初心者必見】うさぎをお迎えしたら最初の1週間が大切!初日から1週間の飼い方

うさぎは、警戒心の強い動物で、環境が変わると大きなストレスを抱えてしまいます。
そのため、お迎え直後はうさぎに一番ストレスがかかっています。

この記事では、初心者向けにうさぎをお迎えした初日から約1週間の飼い方や、うさぎと過ごす上で注意したいことなどを掲載しています。良かったら参考にしてください。

生後1ヶ月のうさぎは要注意

最近はあまり見かけなくなりましたが、生後1ヶ月、または1ヶ月未満で売ってしまうペットショップでうさぎを飼うのはやめておきましょう。
うさぎは、母親の母乳から免疫をもらって、少しずつ健康な身体に成長していきます。
そのため、生後間もないうちに母親から引き離されているうさぎは、とても心配です。

特に初めてうさぎを飼う場合は、生後2ヶ月経っているうさぎを飼い始めるのが良いでしょう。

飼い始める準備については下記記事で詳しく説明しています。ぜひ確認してください。

うさぎをお迎えしてからの過ごし方

うさぎは、環境適応までに時間のかかる動物です。
そのため、できるだけ飼ってきたうさぎを刺激しないような生活スタイルを心がけることが大切になります。

初めは飼ったばかりなので、可愛くて撫でたり抱っこしたいという気持ちになることもあると思いますが、グッと堪えて見守ることが大切です。

なお、環境適応までは、この6個を心がけておくと良いでしょう。

  • 大きな声や大きな音がする場所にケージを置かない(大きなテレビの音やドタバタ騒ぐのもNG)
  • 慣れるまでは触らない、抱っこしない
  • ペレットや牧草、水を与える時間を同じにする
  • 遠くから、食べている量やおしっこやうんちに異変がないかを観察する
  • 可能ならうさぎのニオイがついているものをケージ内に置いておく
  • 香水やルームスプレーなどニオイのあるものを部屋に置かない

お迎え初日〜2日

お迎え初日から2日程度は、ケージから出さずに、そっと見守りましょう。
お迎え初日は、特に緊張していて、あまり動かない子もいれば、逆にニオイを嗅いで落ち着かなかったりする子もいます。
ペタンとお腹を床につけて寝そべる子は稀です。

編集部が飼っている子は、初日に夜寝る時電気を消したらスタンピング(足ダン)を始めました。
今までの環境と変わったことによって、電気が消えただけでもストレスになってしまったようでした。

少しでも環境になれてもらうコツとしては、可能であれば、お迎えするお店からそのうさぎのニオイのついたおもちゃを1つもらってくるか、トイレ砂をもらってきて、少しでも安心してもらえるようにしましょう。

ちなみに、お迎えするお店からそのうさぎの使用済みのトイレ砂をもらってくれば、うさぎのトイレトレーニングは初日からでも可能です。ぜひ試してみてください。

お迎え2日〜4日

少しずつ飼い主や環境にも慣れてきている頃合いです。
少しずつスキンシップをしていけます。
ケージ越しに、優しく名前を呼んだり、軽く撫でたりもできるでしょう。
手渡しでご飯を与えられたら、とっても幸せですね!

この時期は、大体10分〜15分程度のスキンシップを心がけましょう。

お迎え5日〜7日

ケージ越しでのコミュニケーションに慣れてきたら、次はやっとケージの外です。
うさぎが少しずつ慣れてきて、ケージから顔を出してくれたり、お掃除などケージを少し開けている間にケージの外に出てくるような行動を取り始める頃合いになります。

ケージから出す前には、周りに危険なものがないかをチェックします。
そうしたら、最初は10分〜15分程度の短い時間で、ケージから外に出してあげてください。
最初のうちは、飼い主からはあまり近づかず、遠目で見守ってあげましょう。

お迎え1週間以降

部屋んぽでも慣れてくれば、うさぎから寄ってきてくれるようになります。
飼い主のことを鼻でツンツンしたり、クンクン嗅いでくるようになれば、だいぶ環境に慣れてきた証拠です。
部屋んぽ中に飼い主から積極的にスキンシップを取っても、問題ない状態です。

個体差があるので、あくまでもうさぎの様子を第一優先することが大切

上記の過ごし方は、比較的慣れやすいうさぎの場合になります。
もっと警戒心が強いうさぎは、お迎え2日目〜4日の状態が1週間に伸びたりすることは、まったく変なことではありません。

あくまでもうさぎの様子を伺いながら、少しずつステップアップしていきましょう。

うさぎをお迎えした時に注意したい突然死

うさぎをお迎えした1ヶ月で一番気をつけたいのが突然死です。
子うさぎの場合、連れてこられたストレスから、異変に気づかないまま突然死をするケースがあります。

そうならないためにも、まずはゆっくりと環境に慣れていってもらうことが大切です。

少しでも異変を感じたら、動物病院に連れて行こう

うさぎの体調の急変は、ほとんどの場合が命に関わります。
また、症状の進行も早く、様子を見ているうちに亡くなってしまうなんてこともあります。

特に、飼い主初心者のうちは、異変に気づいたら自己判断せずに、できるだけ早めに動物病院を受診しましょう。

うさぎを診てくれる動物病院はさほど多くありません。
かかりつけにする予定の動物病院は、飼う前に見つけておいたほうが良いでしょう。

飼って一週間のうさぎと飼い主の過ごし方まとめ

  • 初日〜2日:ケージから出さずにそっと見守る
  • 2日〜4日:ケージ越しにスキンシップを取ってみよう
  • 5日〜7日:少しずつ部屋んぽにも挑戦してみよう

うさぎは、警戒心の強い動物です。

少しずつ慣れていき、一緒に過ごせる時間を楽しく過ごせるようにしていきましょう。

ABOUT ME
うさぎMAGAZINE編集部
うさぎWEBMAGAZINE編集部です。 編集部は、愛玩動物飼養管理士2級を取得しています。 人と動物がずっと豊かに暮らすことをめざして活動しています。
zootone – うさぎ専門店サーチができました!

うさぎ専門店を探すなら、zootone – うさぎ専門店サーチで探してみてはいかがでしょうか?

初めてうさぎを飼う人にとっては、専門家がいることがとても心強いと感じるのではないでしょうか。
飼ってからも専門家にお世話になることはたくさんあります。
そんな時に使ってもらいたい検索サービスです。

うさぎ専門店サーチへ