うさぎの飼い方

グルーミングで用意するものとやり方【うさぎのお手入れ方法1】

うさぎにはどんなお手入れが必要なのでしょうか。

様々なお手入れ方法がありますが、この記事では、うさぎにはどんなお手入れ方法があるのか、中でもグルーミング(ブラッシング)で用意するものとやり方ついて掲載しています。よかったら参考にしてみてください。

うさぎにはどんなお手入れがあるの?

うさぎは、大変清潔な動物で、自ら被毛をキレイにする姿がよく見られます。
顔を毛づくろいしている姿や、全身を舐めている姿が印象的ですね。
また、汗腺もほとんどないため、汗をかかず、その分においもしません。

うさぎ自身が自分で清潔にしている反面、全身をキレイに舐めるあまり、大量の毛を飲み込んでしまって、食欲不振や毛球症などの症状に陥ることもあります。
そのため、飼い主が日々のお手入れをする必要があります。

うさぎには、以下のようなお手入れが必要です。

  • グルーミング(ブラッシング)
  • 爪切り
  • (歯が悪いうさぎのみ)歯切り
  • (身体、特にお尻を汚してしまった時のみ)湿ったタオルや少量のぬるま湯でお尻をキレイにする

グルーミングや爪切り、お尻をキレイにするのは、うさぎによってはお家でも可能です。
また、不正咬合など歯が悪いうさぎは、定期的な動物病院への通院が必要です。

爪切りとおしり汚れの洗い方については、別の記事で紹介しています。

この記事では、日々のお手入れの基本となる、グルーミング(ブラッシング)について詳しく説明していきます。

グルーミング(ブラッシング)の用意するものとやり方

うさぎへのグルーミングは、通常時には週に1回程度、換毛期の時期は毎日行うのが良いとされています。
うさぎ自身が毛づくろいのときに、大量の毛を飲みこんで、毛球症などの症状を引き起こさないようにするためにも、日々のグルーミングを心がけましょう。

もちろん、うさぎとのコミュニケーションにもつながるので、飼った頃から少しずつ慣れさせておくと、換毛期の時期にやりやすくなります。

換毛期の時期や気をつけることについては、以下の記事で掲載しているので、良かったら確認してみてください。

グルーミング(ブラッシング)で用意するもの

ブラシ

ブラシには、以下のような種類があります。

しっかり取れるスリッカー

アンダーコート(皮膚に近い部分)の毛も取りやすく、ラバーブラシよりもしっかりグルーミングできます。
力加減が難しいものがあったり、毛が一度に多く引っ張られることもあるからか、スリッカーブラシが嫌いなうさぎもいます。

スリッカーとは少し違いますが、同じようにアンダーコートまでしっかり取れるファーミネーターがおすすめです。

created by Rinker
FURminator(ファーミネーター)
¥3,838
(2024/02/27 10:15:00時点 Amazon調べ-詳細)

ラバーブラシで毛並みを整えて

ラバーブラシは柔らかいゴム製で、皮膚を強く刺激する心配がないため、比較的初めての飼い主でも扱いやすいものです。
表面の毛を取るのに向いているため、皮膚に近い毛は取りにくく、フワフワとした毛が残ります。

created by Rinker
BEBON
¥1,380
(2024/02/27 10:15:01時点 Amazon調べ-詳細)

艶出し用の豚毛ブラシ

グルーミングでは、最後の仕上げに毛の流れに沿って優しくブラッシングすると、キレイな被毛になります。
そんなときにおすすめなのが、豚毛のブラシ。
毛をとることは期待できませんが、美しい毛並みを保つことには一役買います。

created by Rinker
ペティオ (Petio)
¥714
(2024/02/27 20:12:05時点 Amazon調べ-詳細)

ブラシがどうしても苦手なうさぎには、ハンドグルーミングでも構いません。

グルーミングスプレー

ブラシでもハンドグルーミングでも、使ってみてほしいのがグルーミングスプレーです。
グルーミングスプレーを使うと、うさぎの毛艶をよくするだけでなく、ブラッシング中にフワフワと部屋中を舞う毛を抑えられたりします。
うさぎが舐めても問題のない成分のものを使用してください。

created by Rinker
トーラス
¥735
(2024/02/27 20:12:06時点 Amazon調べ-詳細)

グルーミングのやり方

ブラシの場合

日々のグルーミングは、ブラシにグルーミングスプレーを吹きかけ、ブラシで撫でるようにブラッシングするだけで十分です。(グルーミングスプレーは、うさぎの目に入らないように、うさぎ自身に吹きかけても大丈夫です)
うさぎがグルーミングに慣れてきて、おとなしくやらせてくれるようなら、広範囲に広げていきましょう。
アンダーコートをしっかり取りたい時は、毛を上に持ち上げながら、下の毛を毛流れに沿ってブラッシングすると、よく取れます。

▲毛を上に持ち上げながら、毛流れに沿ってラバーブラシをかけている

ブラッシングをする順番は、スリッカー→ラバーブラシ→豚毛が基本ですが、スリッカーだけ、もしくは、ラバーブラシだけでも問題ありません。

ハンドグルーミングの場合

ハンドグルーミングの場合は、グルーミングスプレーをを手に2,3回吹きかけて馴染ませ、うさぎの身体を手でまんべんなく撫でるだけです。
うさぎが怖がる心配がないので、ブラシが苦手なうさぎには、ハンドグルーミングがおすすめです。
一度に取れる量はブラシよりも少ないので、1回に時間をかけて行うか、グルーミングをする頻度を高めて、大量の毛を飲み込ませないようにしましょう。

ペットショップや動物病院で、専門のグルーミングが受けられることも

うさぎ専門店やうさぎに詳しい動物病院などでは、専門のグルーミングを受けられることもあります。
グルーミング・爪切りなどを含め、1回あたり1,000円〜2,000円程度でできるため、グルーミングや爪切りが苦手な飼い主は、ぜひ専門店を利用してみてください。

プロのグルーミングを見て学ぶことができるはずです。

ABOUT ME
うさぎMAGAZINE編集部
うさぎWEBMAGAZINE編集部です。 編集部は、愛玩動物飼養管理士2級を取得しています。 人と動物がずっと豊かに暮らすことをめざして活動しています。
zootone – うさぎ専門店サーチができました!

うさぎ専門店を探すなら、zootone – うさぎ専門店サーチで探してみてはいかがでしょうか?

初めてうさぎを飼う人にとっては、専門家がいることがとても心強いと感じるのではないでしょうか。
飼ってからも専門家にお世話になることはたくさんあります。
そんな時に使ってもらいたい検索サービスです。

うさぎ専門店サーチへ